土地狂いの備忘録

旅行とか地理とか土木とか

ただの単純温泉には興味ありません

国内の硫黄泉、酸性泉、含鉄泉、何か面白い温泉でオススメの場所があったらあたしに教えなさい。以上。

ちなみに硫黄泉が一番好きです。

 

まだ冬の旅行記、続きますよ。

見た目とか匂いに特徴があるザ・温泉に入って地球スゲー!!がしたくて温泉に行ってます。身体が温まってリラックスできればいいので効能とかは知らん。

移動が多い旅行ばかりしているけど、1ヶ所に留まって温泉でゆっくりする旅行もやりたいんですよ。行きたいところが多すぎるだけなんです!!!

そして雪見温泉にも憧れがあったので奥飛騨行ってきました。

今回は一部の施設で「奥飛騨湯けむり達人」という温泉手形を使用しました。温泉手形使ってみたかったんだ~~~!!!

www.okuhida.or.jp

オリジナルタオルは当たりませんでした。

 

 

ホテル穂高

とりあえず硫黄泉は回っておこうってことでホテル穂高へ。ちなみに外観の写真はこの先も全然撮ってません!

雪見温泉の実績を解除すべく内湯で軽く身体を温めてさっさと外に出たんですが、ホテル穂高の露天風呂を手描きマップで説明しますと

こんな感じで私が目指すべき場所が遠い。この湯口周辺の水面だけ熱いゾーンが地味に辛いので、貸し切りなのをいいことにジャブジャブかき混ぜながら行きました。

でも着いたらめっちゃ最高だった....湯気で溶けかけた雪を浴びながらの温泉がこんなに素晴らしいとは。温泉は頭寒足熱の無限ループが最強。でも気抜くと水面あたりの肌がチリチリしてくるからまた混ぜる。

 

平湯の湯

以前来た時は時間がなくて寄れなかったのでリベンジしに来ました。無人の公衆浴場みたいな場所なんですが、こちらも手描きマップで説明しますと

これ温泉入るためには裸の状態で雪を踏む必要がある訳ですね。つまり

イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛イ゛冷たい冷たい冷たい冷たい冷たい寒い寒い寒い寒い死ぬ!!!!!!!!!!!

うおおおおおおおお!!!!!!バシャバシャ(かけ湯)

あ~~~~~~~~~~~~~〜〜!!!😇😇😇

 

これが雪見温泉の「整う」だよ。

口コミとか見ると温泉で融雪してるらしいけど、ちょうど雪塊が落ちたタイミングで来ちゃったんだろうね。これはこれで楽しいからいいけど。

茶褐色の鉄っぽい香りのお湯で、いかにも山奥の鄙びた温泉って雰囲気でした。露天の屋根からエグイつららが伸びてて怖かったです。

 

山荘 湯乃里

今回泊まった宿です。温泉は硫黄の匂い.....する?するかも.....?鉄の匂いの方が強い。内湯が檜の板張りなので足の裏が冷えないし居心地も良かった。

あと夕食の飛騨牛めっっっっちゃ美味しかったです。

ひらゆの森

ここは昔家族で来たことがあったので、自分の中で硫黄泉といったらこの場所でした。硫黄泉で露天風呂の数もめっちゃあるお気に入りの温泉です。内湯の渋い雰囲気も良いんだよね....

www.hirayunomori.co.jp

特に貼れる媒体がないので公式HPを貼ってお茶を濁す。ここは宿泊施設もあるから次の冬はここに泊まろうな!

 

蛍の湯(足湯)

平湯から新穂高までの道中にあるので寄ってみた。

ちょうどいい湯加減で終始貸し切りでした。冬は厚手のズボンを履くので裾をまくって足湯入るのが億劫になりがち。

 

土木散策

番外編です。

わざわざ徒歩で安房峠の平湯ゲートまで歩いた。なんか.....行きたかったので。

栃尾温泉を通ってたらインパクトのある砂防ダム群が。洞谷流路工という土石流災害の再発防止のために作られたものだった。時期によってはライトアップもしてるらしい。

こちらは蛍の湯の少し奥にある地獄谷砂防堰堤砂防ダムらしからぬ洒落たデザインですね。眼鏡橋のような構造は大規模な洪水で土砂を堰き止めて、中小規模の場合は水や土砂はそのまま流すようになってるらしい。鋼製スリットダムと同類かな?

Googleマップを見てると奥飛騨って急峻な北アルプスのそばだから砂防ダムめっちゃ多いんすね。砂防資料館もあったけど冬季休館だったり、雪でアクセスしづらい砂防ダムもあったのでまた夏に来いということか.....

 

.....

ねぇ、温泉でゆっくりできましたか.....?

ちくしょう!また出かけやがった!お前はいつもそうだ
積読は全然読めなかったし、平湯の温泉街で温泉卵も食べれませんでした。

肩の力を抜いて旅行することを覚えてましょう。来年に乞うご期待!!!!!!